正規の業者なら激しい取立てなどが行われることはない

現金の融資を受けられるサービスであるキャッシング。手軽であることでついつい借りすぎてしまい、最終的には返済が滞ってしまうという人も多くいますが、この場合、巷で言われているような恐ろしい「取り立て屋」は本当に来るのでしょうか。

 

結論から言うと、通常のキャッシング会社には取り立て屋というのは存在しません。ただ、融資を受けたにもかかわらず返済が滞ってしまうと、初めは文書や電話によって警告されます。

 

この時点で気づいてすぐに入金をすれば、延滞をした遅延金としていくらかのお金を追加して払うこととなります。それでもなお返済が滞ったままである場合、自宅まで消費者金融会社の社員が来ます。

 

実際これが「取り立て」になるのですが、取り立てをする際には貸金業法によって禁止事項が決まっています。その一つ目が、その人の生活や仕事などの環境を脅かしてはいけないということです。また、言葉や暴力などで脅すなどの脅威を与えることもいけません。

 

その他、早朝や深夜にその人のところを訪問することや、勤務先や居住場所以外の場所を訪問することも禁じられています。もし取り立てに言った社員がこういう行為を行った場合、行政処分としてその会社に罰金が課せられたり、あまりに悪質な場合は業務停止ということにもなります。

闇金融には注意をしておく

正規の業者ではない未登録のところを闇金融と呼び、法外な高利での貸し付けや利息の請求をしてくるため、借りてしまうと返済が難しくなってしまいます。返済が遅れると違法な取立てをしてくることにもなりますので、絶対に利用しないようにしましょう。
お金を借りる際には下に挙げているような大手の信頼の出来る業者にし、安心してキャッシングが利用できる業者選びをすることも大切です。