直接お金を借りるキャッシングと、ツケになるクレジットカード払い

キャッシングをするために契約したカードと、信販会社系から契約したショッピングのためのカード、この違いはどういったところにあるのでしょうか。ショッピングのためのカードは、いわゆるツケで支払いをするということができるカードなのです。クレジットの意味は信用ですが、その人を信用して、後払いを許してもらっている状態です。

 

一方キャッシング専門のカードは、主に消費者金融などが取り扱っているカードであり、いわゆる現金を借り、利息分を含めて返済するというタイプになります。今現在では、両方の機能を持っているカードもたくさん出回っており、クレジット、キャッシングのほかにも、ポイントをためて色々なサービスにかえることが可能であったり、旅行の保険などがついていたりなど、お得な機能がついていることも少なくありません。

 

自分が好んでいるブランドやサービスを取り扱っていたら、お得になるでしょう。直接現金が手元にほしいという場合にはキャッシングのカードが適しているでしょうし、お買い物をたくさんしたり、マルチな機能を求めている場合にはクレジットカードの方が良いかもしれませんので、ご自分に一番マッチしている方法をチョイスしてみてください。

サービスが異なる点には要注意

最近ではクレジットカードにもキャッシング機能がついていることが多いですが、クレジットカードとキャッシングカードはサービスが根本から違うので混同しないように注意をする必要があります。どちらも借金が出来るカードとして同じように扱われがちですが、別物となるので申し込み時には間違えないようにしてください。